Sidify ロゴ

Apple Music 音楽変換

Apple Music 音楽変換 Mac 版をダウンロード Apple Music 音楽変換 Windows 版をダウンロード

【車で音楽聴き放題】 Apple Music の曲を車で聴く・流す方法まとめ

ドライブ中に音楽を聴く人が多いでしょう。音楽は欠かせませんよね?ついつい眠気が襲ってきたり、無言が続きそうなときもドライブミュージックが空気を変えてくれます。ただ、繰り返し同じ曲だと飽きたりするので、時には中身を入れ替えたり新しくプレイリストをつくったり、 シャッフル再生してみたりするのもいいと思います。好きな音楽を聞きながらのドライブ、楽しいですよね!

Apple Music の曲を車で聴く・流す方法まとめ

Apple Music は、Apple が提供する定額制の音楽聴き放題サービスで月額 980 円で約 4,500 万曲の楽曲が聴き放題になります。気に入った曲を自分のライブラリやプレイリストに追加して、車での通勤時やドライブのときに Apple Music を利用すれば、莫大な曲数の音楽を車で楽しむことができます。今回は、Apple Music の曲を車で再生する方法をまとめて紹介したいと思います。

tips Apple Music の曲を車で聴く・流す方法まとめ

1.スマホとカーナビを Bluetooth 接続

カーナビが対応していればこの方法が一番オススメです。Bluetoothを使えば、スマートフォンからワイヤレスで音楽をカーナビに飛ばすことができるので、ケーブルもいりません。手持ちのカーナビが Bluetooth 対応しているか確認しましょう。

スマホとカーナビを Bluetooth 接続


ペアリング設定の手順は以下の通りです。

ステップ1. スマートフォンの Bluetooth 機能を「ON」にします。

ステップ2. カーナビで Bluetooth 接続メニューを開き対象のスマホを選択します。

ステップ3. 認証コードを確認します。

使う機器によって、設定方法は異なるため詳しくカーナビのマニュアルを確認してください。

ただ、スマートフォンのバッテリーを消耗するので、長時間使う場合はシガーソケットの充電器でスマートフォンを充電させながら利用することをオススメします。

2.Aux 接続

車で USB 或いは3.5mm のAux 入力端子が車だったら、スマートフォンとイヤホンジャックケーブルで繋ぐだけで聴けます。Aux ケーブルの一端を車での Aux 端子に接続して、もう一端は iPhone または Android スマホに接続します。車のカーステレオを起動して、Aux モードを選択します。すると、iPhone または Android 携帯で Apple Music の曲を再生すればいいです。

Aux 接続


3. FM トランスミッターでクルマのオーディオと Bluetooth 接続

「FM トランスミッター」とは、スマホの音楽を車のカーステレオで聴くことができる機器です。

FM トランスミッターを使い場合、それを経由で iPhone を接続して、Apple Music の曲をカーナビやカーオーディオの FM チャンネルへ送信して、車内でApple Music を楽しむことができます。

FM トランスミッター


4. Apple CarPlay

車の中で iPhone を使うための、より優れた、より安全な方法。それが CarPlay です。現在一部の車種に搭載されています。CarPlay は運転中にあなたがiPhone でしたいことを、車載ディスプレイで直接操作できるようにします。あなたの iPhone を接続するだけで、準備完了です。

CarPlay を使うには、iPhone 5 以降が必要です。また、使う場所が CarPlay に対応した地域であること、Siri がオンになっていることも併せて確認してください。Siri をオンにするには、「設定」>「Siri と検索」の順に選択します。

 Apple CarPlay


CarPlay を設定する手順は以下の通りです。

ステップ1. お使いの車種またはステレオが CarPlay に対応しているか確認します。

ステップ2. iPhone を CarPlay USB ポートに接続します。この USB ポートには、CarPlay アイコンやスマートフォンアイコンのラベルが付いている場合があります。CarPlay のホーム画面が表示されない場合は、車載ディスプレイの CarPlay ロゴを選択してください。

車がワイヤレスの CarPlay に対応している場合は、ハンドルの音量制御ボタンを長押しして、CarPlay を設定します。または、車がワイヤレスモードまたは Bluetooth ペアリングモードになっているか確認してから、iPhone で「設定」>「一般」>「CarPlay」>「利用可能な車」の順に選択し、ご利用の車を選択します。詳しくは、ご利用の車の取扱説明書を参照してください。

ステップ3. 車が走行中であることを確認します。

しかし、この方法は iPhone ユーザーのみ利用できます。

5. Apple Music での音楽を USB にコピーして車で聴く

Apple Music を USB メモリに入れて、USB メモリを車の USB ポートに接続すれば、それらの音楽を楽しむことができます。ですが、Apple Music での音楽をダウンロードしてオフラインで再生できますが、ダウンロードされた曲はすべて Apple の DRM 技術で保護されているため、USB にコピーすることができません。USBメモリを通じて、Apple Music の曲を車で聴くに、Apple Music の曲を事前に普通の音楽ファイルに変換する必要があります。Apple Music を変換するには、 Apple Music 音楽変換というソフトをおすすめします。

Apple Music での音楽を DRM フリーの音楽にコピーできるソフト:

Apple Music 音楽変換(Windows 版 | Mac 版も用意)は、Apple Music 向けの究極的な音楽変換ソフトです。Apple Music での曲を普通の MP3、AAC、WAV、FLAC 形式に無劣化で変換でき、変換後、曲の ID タグ情報もすべてそのまま保持します。シンプルで非常にパワフルなソフトだと思います。そして、最新の Mac OS と Windows OS バージョンに完全に対応します。

>> Apple Music 音楽変換についてもっと詳しく知りたい方はこちらへ <<

Sidify Apple Music 音楽変換 Windows 版をダウンロード Sidify Apple Music 音楽変換 Mac 版をダウンロード

Apple Music での音楽を USB にコピーして車で聴く Apple Music での音楽を USB にコピーして車で聴く
Apple Music でのストリーミング音楽は USB にコピーできるでしょうか?答えは、はい、もちろんです。この記事では、Apple Music での音楽を USB にコピーして車でオフラインでも聴く方法をご紹介したいと思います。
さらに詳しくはこちらへ>>

6. Apple Music の音楽を CD-R に書き込む(焼く)車で再生

車に CD プレーヤーのある場合、オーディオ CD を再生できます。 USB メモリに入れることと同じように、CD に焼く前、Apple Music の曲を変換しなければなりません。高品質・高速で Apple Music の音楽を CD に入れる方法は以下のとおりです。

Apple Music の音楽を CD-R に書き込む(焼く)車で再生するには?
Apple Music からダウロードした曲をCD に焼くことがそう簡単にできませんが、方法がないわけでもありません。ここでは、Apple Music の音楽を CD に焼く手順をご紹介したいと思います。
さらに詳しくはこちらへ>>

どっちが好き?

貴重な時間を割き、お読み下さいましてありがとうございました。上記の方法で、お気にあった方法がありますか?お役に立てば、嬉しいです。