ページの上部へ戻る

YouTube Music Converter をダウンロード

ホームホーム > 人気話題 > YouTube Music を SD カードに転送・保存

「2022最新」YouTube Music を車で楽しむ八つの方法まとめ

近年、YouTube Music は圧倒的な配信曲数を持って、かなり人気があり、幅広く愛用されています。車で通勤、旅行する時、特に長時間の運転中には、車の中で好きな YouTube Music 音楽を楽しむのはとても癒しですね。YouTube Music の音楽を車の BGM として、流れながら運転するのが最高だと思います。ですので、車で YouTube Music を流れる八つの方法をまとめてみました!一緒にみましょう!

YouTube Music 車内で再生

関連記事:
YouTube Music vs Amazon Music、どっちがいい? >>
とにかく簡単!YouTube Music を MP3としてダウンロード保存 >>

Bluetooth 接続

カーナビの搭載する車なら、ブルートゥース機能で携帯などのデバイスと簡単に接続できます。カーナビと接続してから、お使いの端末から、YouTube Music を再生すれば良いです。下記は、Bluetooth 接続の操作手順です。

Step 1お使いの携帯、タブレット端末又はラップトップの Bluetooth 機能をオンにする。

Step 2車のカーナビでスマホの Bluetooth を認識して接続する。

Step 3接続完了後、お使いの端末から YouTube Music アプリを実行して、好きな音楽を流れる。

これで、Bluetooth 接続で YouTube Music を車で流れます。通信量に気になる方は、YouTube Music Premium の会員なら、事前に好きな音楽を一時保存して、また車でオフライン再生すれば良いです。YouTube Music のフリープランなら、広告がありますので、この方法では曲の連続再生はできません。なお、ブルートゥース接続での再生は、配線に邪魔されず、端末一つで接続できますので、とても便利です。但し、その代わり、音質がちょっと悪いです。デバイス電池の減りも普段より速くなります。

AUX ケーブル接続

AUX ケーブルを使って、iPhone/Android スマホのイヤホンジャックに AUX ケーブルを差し込み、もう一方をカーナビの AUX ジャックに差し込むことで、携帯をカーオーディオと接続して、車内で音楽を聴けます。

車とAUXケーブル接続

しかし、iPhone 7以降のようなイヤホンジャックがない端末は、一般的な AUX ケーブルと接続することができません。そういう場合、Apple Lightning – 3.5 mm ヘッドフォンジャックアダプタ、USB Type-C 変換ケーブルなどの配線を追加する必要があります。或いは、Lighting/Type-C 対応な AUX ケーブルを利用しても良いです。それが伝統的な AUX ケーブルより高いです。

AUX 接続はワイアレスの Bluetooth と比べて、配線が必要ですので、ちょっと不便に見えますが、音質から見ると、やはり AUX の方が有利です。ブルートゥースのワイアレスの便利さは、多少も音質の犠牲があります。

FM トランスミッター接続

「FM トランスミッター」とは、スマホ等のデバイス内の音楽を車のカーステレオで聴くことができるアイテムのことです。まず、シガーソケットに FM トランスミッターを差し込みます。そして、イヤホンジャックにケーブルを接続します。次は、FM トランスミッターの周波数(チャンネル)を決定して、車の FM ラジオのチャンネルを合わせば、YouTube Music の曲を再生できます。ブルートゥースのある FM トランスミッターなら、ケーブルなしでも、お使いのスマホやタブレットとペアリングで接続可能ですので、場合によって活用ください。

FM トランスミッターのメリットというと、それがカーナビのない車でも、ラジオさえあれば、接続して YouTube Music を再生できることですね!また、配線の有無を問わず、両方対応のもかなり便利だと思います。また、FM トランスミッターでスマホの充電もできます。

iPhone の Carplay を利用

2019年、YouTube Music バージョン3.11アップデートで、Apple の CarPlay 機能に対応しました。お使いの端末は iPhone の場合、Carplay 機能を活用してください。しかし、画面にカーナビアプリを表示させながらバックグラウンドで音楽を流れたい場合、YouTube Music Premium の有料会員登録が必要になるそうです。

CarPlay を設定する手順は以下の通りです。

Step 1 お使いの車種、ステレオが CarPlay に対応するか確認します。

Step 2車のエンジンをかけ、Siri が有効になっていることを確認します。

Step 3iPhone を車に接続します。

USB ケーブルで CarPlay に対応する車種なら、iPhone を車の USB ポートに接続します。この USB ポートには、CarPlay アイコンやスマートフォンアイコンのラベルが付いている場合があります。車がワイヤレスの CarPlay に対応している場合は、ハンドルの音量制御ボタンを長押します。ステレオがワイヤレスモードまたは Bluetooth ペアリングモードになっているか確認してから、iPhone で「設定」>「一般」>「CarPlay」の順に選択し、「利用可能な車」をタップして、ご利用の車を選択します。詳しくは、ご利用の車の取扱説明書を参照してください。

ご注意:この方法は iPhone ユーザーのみ利用できます。(iPhone 5 及び以降)

接続完了後、Siri で Carplay を操作するか車載コントロールで Carplay を操作してください。

USB ケーブル接続

USB ケーブルでの接続には、カーナビやカーオーディオに装備されている USB ポートに、ケーブルでお使いのスマホ/タブレットと接続すれば完了です。接続した後、端末から YouTube Music アプリを実行して、好きな音楽を再生すれば良いです。

有線接続ですので、音質はワイアレスの方より高いです。但し、車種によって、USB 端子のない場合もありますので、対応するかどうかを事前に確認する必要があります。

USB メモリでオフライン再生

多くの人が知らないかもしれませんが、YouTube Music を USB メモリに入れて、車で再生することが可能です。YouTube Music を事前に車のカーナビ/カーオーディオに対応する音声形式に変換して、USB に転送して、最後車の USB 端子と接続すれば OK です。この方法なら、オフライン再生ですので、通信量減りの心配がありません。又、下記の専用な変換ソフトを使えば、YouTube Music の無料プランでも、広告無しで MP3 などの音声形式に変換できます。具体的な操作手順は、こちらの YouTube Music を USB メモリに転送保存する方法を参照してください。

オススメ!専用な YouTube Music 変換ソフト

YouTube Music 変換ソフト

YouTube Music Converter は、YouTube Music の音楽を MP3 などに変換でき、任意のデバイスに簡単に転送できます。詳細 >>

  • 機能YouTube Music Free/Premium 全般対応!
  • 機能YouTube Music を MP3/AAC/WAV/AIFF/FLAC/ALAC に変換!
  • 機能10倍速変換を実現!時間を大幅に節約。
  • 機能音楽の ID3 タグ情報をそのまま保持!
  • 機能広告も、プラグインも無しで、ご安心ください。

SD カードでオフライン再生

専用な変換ソフトを使って変換済の YouTube Music の音楽を SD カードに転送、保存できます。そして、SD カードリーダーで簡単に YouTube Music をオフライン再生できます。詳しい使い方と入れ方は、下記の記事を参照してください。

SDカードでYouTube Musicの音楽を車で聴く
「徹底解決」YouTube Music を SD カードに転送保存

「YouTube Music を SD カードに転送して、車のカーナビで再生したいです。どうすればできますか?」本記事では、YouTube Music を SD カードに転送、保存する方法を詳しく説明します。

詳細を見る >

CD でオフライン再生

その他、YouTube Music の音楽を MP3/AAC/WAV/AIFF などの形式に変換されましたら、もちろん CD に入れて、車で再生するのも手軽にできます!事前に CD の規格を確認する必要があります。詳しい注意点と説明は、こちらの記事を活用してください。

YouTube Musicの音楽をCDに入れて車で聴く
「徹底解決」YouTube Music を CD に焼く

「個人的な楽しみとして YouTube Music から好きな音楽をCD に焼きたいですが、どうすればできますか?」YouTube Music の曲を変換して CD に焼く方法を詳しく説明します。方法は簡単ですので、操作手順を従って、自分の YouTube Music CD を作成してみましょう!

詳細を見る >

まとめ

YouTube Music の音楽を車で再生する方法を八つもまとめてみました。一般的な AUX ケーブル、Bluetooth、USB ケーブル、FM トランスミッター接続なら、オンライン再生がほとんどです。通信量に気になる方は、YouTube Music Premium の会員なら、事前に好きな音楽を一時保存してください。YouTube Music のフリープランなら、広告がありますので、それらの方法では曲の連続再生はできません。車の中でも安定な環境でオフライン再生したい、或いは YouTube Music フリープランでも連続再生したい場合、最後の三つの方法を参照してください。

YouTube Music Downloader を使って、YouTube Music の無料プランと有料プランを問わず、YouTube Music から音楽を変換して保存きます。変換された YouTube Music は、SD カードに転送したり、CD に焼いたりするのが簡単にできます。無料試しも用意されていますので、ぜひ試してみてください!最後、この文章を気に入っていただけたら、Twitter や Facebook でシェアをお願いします。

試用版では、1曲ずつ3分間しか変換できません。お気にいれば、ライセンスキーを購入して、全機能を楽しんでください。たった 1980円だけで1ヶ月のライセンスを入手可能です。かなり安いと思います。

YouTube Music を MP3 に変換できるソフト

SNS フォロー

多言語